呼吸器内科科長(内科学第二講座 教授)
須田隆文

ごあいさつ

 浜松医科大学呼吸器内科のホームページにアクセスいただきありがとうございます.平成24年7月から浜松医科大学呼吸器内科を担当させていただいております須田と申します.浜松医科大学呼吸器内科は昭和53年に内科学第二講座の中に開設されました.初代科長は佐藤篤彦先生が務められ,その後,千田金吾先生に引き継がれ,当科は大きく発展してきました.現在では100名を越える呼吸器内科医が私たちのグループに加わっており,静岡県を中心に臨床,研究など様々な領域で活躍しております.

 私たちの浜松医科大学呼吸器内科は,大学の診療グループとして臨床,研究,教育のいずれにも力を入れて活動してきておりますが,とくに臨床は大切にしたいと考えています.これは開設当初からの当科のモットーでもあり,患者さん本位の診療を常に心掛けています.また,一般病院とは異なり大学には研究という重要な任務もあります.研究においてはいつも臨床からの視点を大切にし,最終的には患者さんへの還元を目標にした先駆的な研究を発展させていきたいと考えています.さらに,教育に関しても,県内の多くの関連病院と連携して若い呼吸器内科医の育成に熱い情熱を注いでおります.呼吸器内科医が診療する疾患は,感染症,悪性腫瘍,アレルギー性疾患,慢性閉塞性肺疾患,また間質性肺炎など多岐にわたります.これが呼吸器病学の奥の深さの一つでもありますが,それぞれのサブスペシャルティーを大切にしつつも呼吸器内科全般の診療に精通した臨床能力に秀でた呼吸器内科医の育成を目指しています.また,女性医師のキャリヤパスについては,一人一人のライフスタイルに即したきめ細かいパスを考え,無理なく専門医として臨床が継続できるような配慮を考えております.

 このホームページをご覧になって,私たちの浜松医科大学呼吸器内科に興味をもっていただいた医学生,先生(研修医,専修医の先生に限りません)がいらっしゃいましたら,是非一度御連絡下さい.当科のキャリアアップ・プログラムなどをご紹介し,医局説明,病院見学なども随時行いますのでお気軽にご相談していただけたらと思います.また,当ホームページでご紹介していますように,当科は静岡県内の多くの関連病院に呼吸器内科の常勤スタッフを派遣しておりますので,静岡県で呼吸器内科医としての勤務をお考えの先生も御連絡いただければ幸いです.

 私たちは,この静岡から呼吸器病の診断や治療に関する多くの新しい知見を世界に向けて発信して行きたいという夢を持っています.是非皆さんも私たちの仲間に加わっていただき,新しい呼吸器内科を一緒につくっていきましょう.