3~4年目の研修について

浜松医科大学附属病院または関連病院で後期研修を行います。後期研修1年目は呼吸器、循環器、消化器をさらに深く学んで頂きます。後期2年目からは呼吸器指導医、専門医の指導のもとで、病棟業務や外来業務を行います。

  • common diseaseからrare diseaseまで幅広く経験
  • 救急症例に対する迅速な対応能力
  • 基本手技の再確認
  • 胸部CTや核医学検査、MRIなど画像読影能力の向上
  • 気管支鏡検査などの検査技術の習得
  • 人工呼吸器など医療機器の管理
  • 胸腔ドレーン留置などの治療手技習得
  • 肺病理所見の検討
  • 適切な治療方針の決定
  • EBMに基づいた議論
  • 各症例の検討
  • 学会発表
  • 認定医などの資格取得

などを通して医師として発展することができ、我々はその実りある研修をサポートします。

浜松医科大学医学部附属病院の施設認定状況

  • 日本内科学会 認定教育施設
  • 日本呼吸器学会 認定施設
  • 日本呼吸器内視鏡学会 認定施設
  • 日本アレルギー学会 認定教育施設
  • 地域がん診療連携拠点病院
  • 日本がん治療認定医機構 認定研修施設

呼吸器疾患においては重症肺炎などの急性期疾患から癌の末期などに対するターミナルケア、慢性期疾患に対する治療など幅広くかつ専門的な診療能力を得ることができ、また他科疾患との合併が多いため、総合内科医としての「眼」を養うこともできます。

関連病院は主に総合病院ですので各専門科がそろっています。呼吸器内科だけでなく、循環器内科や消化器内科、救急科などをローテートすることも可能です(特に後期1年目)。この時期に医師として一通りの技術が身に付くことになり、専門医として技術・知識を今後高める土台となります。

我々のグループでは各分野の高名な先生方を招き定期的な研究会を開催しています。これらに参加することで、広い視野にたった新しい知識・考え方を学ぶことができます。

研修病院については県内の中核病院が中心となります。研修病院につきましては本ホームページ上の「関連施設の紹介」をご参照下さい。

女性医師の方々には個人の事情に応じた配慮をいたしますので御相談下さい。(女性医師の多い病院、産休や育休のバックアップができる病院への勤務、外来中心の勤務など)

お問い合わせフォーム

ご意見、ご質問は下記のフォームからお願いします。

必要事項をご記入いただき、「確認」ボタンを押してください。

連絡先

浜松医科大学呼吸器内科事務局
〒431-3192 浜松市東区半田山1丁目20番1号
TEL:053-435-2263  FAX:053-435-2354
e-mail:admin@hamamatsu-lung.com
※病気や健康法に関するご質問などにお答えすることはできませんのでご了承ください。